遊牧民の時代 | 貸し会議室でノマドワーク│レンタルでやったるビジネス

貸し会議室でノマドワーク│レンタルでやったるビジネス

MENU

遊牧民の時代

会社からの脱却

人間の生き方は、誰しもが自分で考えて自分で勝ち取る必要があります。
親の庇護下からいつかは離れる必要があり、自分の生き方、自分の天命、そういったものを探すたびに出る時がいつかやってきます。
その中で必ず人間は職につくことが欠かせません。日本国民の義務としても、勤労の義務、納税の義務、子供に普通教育を受けさせる義務、という三本柱があります。
ですから、働かない人間は非国民です。日本国民として認められるためには、働くしか方法はありません。
もちろん、様々な事情で働けない人を守るためのセーフティネットもあります。ですが、原則的に日本国民として生まれて日本に住むからには、働いて税金を収めて、子供には教育を受けさせることが前提条件として求められます。
この中で、勤労という観点について考えるならば、必ずしも会社に属しないといけない時代ではなくなっているというところに注目しておきたいところです。
インターネットが発達して普及したことで、だれでも簡単に自分で仕事を見出すことができて、万人が起業できる時代になりました。
ノマドワーカーという言葉も珍しくなくなり、日本国内でも固定のオフィスにとらわれず、その時々で働く場所を変える遊牧民的な働き方ができる時代がやってきています。
この時代の変化は、現代人にとって見逃すことができません。

テナント料の問題

ノマドワーカーにとって厄介なのは、仮に自分の事業を起業した時にオフィスが必要ない働き方でありながら、世間的にはオフィスが必要だという問題です。
世間の信頼は固定のテナントを所有する企業に集まる傾向は今後も継続していくと見られるため、テナント料を払ってオフィスを借りることに間違いなく意味はあります。
ですが、ノマドワーカーにとってオフィスは不要です。ノートパソコンさえあればどこでもオフィスになるため、固定のテナントを賃料の負担によって所有する必要もありません。
そこで、今では不動産業界も会議室をレンタルするなどの、ビジネスに有用なサービスを開拓するようになってきています。
ノマドワーカーとして生きるなら、オフィスに縛られない生き方をするなら、また、起業をするなら、レンタル会議室などの有用な不動産サービスに注目することが欠かせません。